相続した家を担保に不動産担保ローンを利用しました

家屋鑑定士に調べてもらう

これは不動産担保ローンの相談窓口に電話で問い合わせを行った際に確認しておきました。
問題は、どのくらいの金額を融資して貰えるのかで、必要額は800万円あれば何とかなります。
しかし、800万円などの高額な融資を果たして可能になるのか、不安もありましたが家の状況などを調査するため、家屋鑑定士と呼ぶ人が対象となる家に訪れて調べて貰いました。
バリアフリー化へのリフォームを行ったのは6年前、築年数は経過しているものの建物自体はかなり頑丈ですし、閑静な住宅地にある土地などからも担保価値は高めだと言うことでした。
当然、ローンを組めば返済が必要になって来ますが、家賃収入があり、その収入の中から返済が出来る金額でローンのシミュレーションを依頼、800万円の融資は可能であることが分かった時には安心感が生じたものです。
月々の返済は家賃収益から計上することが出来ますし、設備投資資金も確保出来たので事業への展望は大きなものとなりました。

貸家も担保に出来る?家屋鑑定士に調べてもらう担当者の印象も良かった