相続した家を担保に不動産担保ローンを利用しました

不動産担保ローンを組む前に情報収集をする

高額のローンを組んだ事が無かったので、不動産担保ローンを組む前には心配な事ばかりでしたが、銀行やローン会社のウェブサイトを見ているうちに考えが変わりました。担保として使えるものは何なのか、返済計画に無理はないか確かめてから、不動産担保ローンを組めるように銀行やローン会社が解説をしてくれています。
仮申し込みの情報を入力する際には、氏名や連絡先や住所などを入力してから、担保物件情報を書くだけで申請できました。まだ仮申し込みの段階なので何も焦る事はありませんし、土地面積などの情報を事前に調べておけば良いだけなので、手続き自体はとても簡単です。
申し込みをした翌日には担当者からの連絡があり、申し込み内容に間違いが無いか確認をしてもらい、いくつかの質問に答える事になります。ローンの用途や家族構成や現在の仕事など、専門知識がなくても答えられる質問ばかりなので、特に戸惑うような事はありませんでした。金利に関する説明もしてもらえるので、諸費用なども計算に入れてから融資を受けるか決める事ができます。
説明も分かりやすくて無事に審査も通り、不動産担保ローンを組む事ができました。担当者の対応も良かったので、ローンを組むべきか迷っている方々も、心が落ち着いた状態で申請ができるはずです。

貸家も担保に出来る?家屋鑑定士に調べてもらう担当者の印象も良かった不動産担保ローンを組む前に情報収集をする